« 2016年シフォンちゃんのお正月★わんこのアレルギー★ | トップページ | 2016.1.8 バラの寒肥(^^)/&暖冬で芽吹いてしまったバラ(;´Д`A ``` »

2016年1月10日 (日)

イングリッシュローズ&木立バラの剪定の様子

先日の

シフォンちゃんのアレルギー記事に

たくさんのお見舞いコメントを頂いて

ありがとうございました(*^-^*)



おかげさまで

シフォンちゃんはその後

何事もなく元気に過ごしていますよ~

Dsc_0001_02

「妹ちゃんにね、

頭に乗せられたの・・・

リンリン♪って鈴が鳴るの・・・」



acefeelさん、

シフォンちゃんね、

手術糸にアレルギーがあるんだよ。



すっごい昔にブログ記事に書いたことがあったけど、

覚えてくれてたんだね~♡

ありがと(^^♪



今回のと、

手術糸のアレルギー、

少しは関係あるのかな。



今度の春に

混合ワクチンを打つ時も、

しっかりお医者様と相談して、

何種混合にするのか、決めたいです。



色々気を付けてあげないとだめだね。



○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*



お庭仕事のブログネタが

溜まっております・・・

しばらく、

お庭関連記事が続くかも~~~(;´∀`)



昨年6月にお迎えした

中苗のイングリッシュローズ4株を

昨年11月下旬に庭に地植えにしていたのですが、

この1月に剪定を施しました。



ザシェファーデス

Dsc_0007




エブリン

Dsc_0009





プリンセスアレキサンドラオブケント

Dsc_0011

Dsc_0001_01

シュラブローズ(半つるバラ)の性質を持つと思われるこの3株は

夏の間に枝が2m近く伸びていたのですが、

細い枝は根元からすべて切り落とし、

地際から30センチをめやすに

外芽を意識しながら短く切り詰めました。



本来であれば

枝が2mほど伸びるシュラブローズ(半つるバラ)タイプの

イングリッシュローズは

1m程度の高さを目安に長めに剪定し、

花の重みで少し枝垂れるように咲かせるのが

「粋」というものらしいのですが・・・

上がったシュートの数は申し分なかったのですが、

どの枝もひょろひょろと長く伸びるだけで

夏~秋にかけて枝が思ったほど充実しなくて・・・



主枝と呼べるほどの立派な枝が欲しい!!



ということで、

今回は思い切った「スパルタ剪定」


来春の花数はあきらめて

株の充実を図りたいです。



ちなみに、

プロの方の剪定の様子は

コチラの動画をどうぞ↓

https://www.youtube.com/watch?v=sqcyWvtWVD8



☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*



ザ レディーガーデナー

Dsc_0013

昨年6月にお迎えした

中苗のERザレディーガーデナーは

ERには珍しく小ぶりな株姿、

葉が密に茂り、

花の返り咲き性も強いようです。

Dsc_0019

夏の間に枝がかなり込み合っていましたが

細い枝は根元からすべて切り落とし、

こちらも地際から30センチをめやすに

外芽を意識しながら短く切り詰めました。



これらのイングリッシュローズ4株は

お迎えしてから初めての冬剪定なので、

今シーズンどんな結果をもたらすのか、

とても楽しみです。



.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.



クイーンエリザベス

Dsc_0016

昔ながらの木立バラ

クイーンエリザベス。

Dsc_0002

Dsc_0005

以前住んでいたお庭でも育てていた

我が家の最古株(13歳くらい?)です。



直立性が強い大型の木立バラですので、

剪定はとても楽です。



我が家の場合、

クイーンエリザベスは

高さ1.2mの生け垣と

樹高4mの樫の木に挟まれています。



クイーンエリザベスは

剪定したところから約80センチ伸びるので、

それを見越して、

鋏を入れる場所を決めました。



花が咲いたとき

道路側から道行く人に見てもらえるように

生垣の上~樫の木の間から

お花がちょうど見えるようにイメージしましたよ~(^_-)-☆



ストロベリーアイス

Dsc_0017

ストロベリーアイスも

我が家では木立バラ扱いです。

Dsc_0001


Dsc_0005_01

シュラブローズ(半つるバラ)の樹形を持ちますが、

強剪定にも十分耐えます。



細い枝は遠慮なくすべて切り落としました。




枝が込み合っていると

春の芽吹きの季節に

あっという間に

うじゃうじゃと葉っぱだらけになり

ストロベリーアイス独特の剛直な枝から

無数に出るとげで

葉っぱが傷つき、

黒星病の温床になります。



横広がりの樹形のため、

あまりにも横に伸びそうな主枝は

内芽で切りました。

Dsc_0019

右がストロベリーアイス、

左がピエールドゥロンサールです。



同じ角度で

開花するとこんな感じ♡

Dsc_0020

Dsc_0034

ストロベリーアイスは

半日陰の環境でもたくさん花をつけますし、

返り咲き性も申し分なし、

地面から立派なシュートを次々と上げ、

病気にも強いです。



♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:



春が楽しみです(^^♪

« 2016年シフォンちゃんのお正月★わんこのアレルギー★ | トップページ | 2016.1.8 バラの寒肥(^^)/&暖冬で芽吹いてしまったバラ(;´Д`A ``` »

ばら・宿根草・芝生・お庭のこと」カテゴリの記事

コメント

シフォンちゃん 元気そうで安心したぁ~~
そっか アレルギー体質なんだね。。
お薬とかワクチンとか 心配だね
まろんは 今の所アレルギーでたことはないけど
シニアだから これからはちょっと気をつけて
みてようって思ったょ~~~

バラの剪定みたよ~~~~(笑)
おじさんなんだね(笑)
しかも けっこう ザックサク切るんだぁ
慣れないと 勇気いるかも~~~www

お手入れしっかりで
春が楽しみですねーーーーっっヽ(´▽`)/

頭の上に乗せているの手編みの帽子かと思った。
似合ってるよ~happy01
シフォンちゃん、元気でよかった~。
アレルギーって何が原因か分からないと、ホントに怖いね。
アレルギーの症状も分かってなかったら、
なんだかちょっと変かな、とか思うだけになりそうだし。
ワクチンも気にせずにしてたけど、年をとると気をつけないとだなぁ。
動画見たよ。
バラの剪定ってすごいのね。
わっしゃーってあったのに、ばっさーって切られてた。
そうする事で見事な咲きっぷりになるんだね。
奥が深すぎて、凄すぎる~~。
お庭のバラが咲くの、楽しみですねnote

シフォンちゃん、元気になって良かった~
可愛い髪飾り作ってもらったんだね。
歩くとシャンシャン鳴るのかな。
バラの剪定、ほんと難しいんだね。
シュートの弱いのや古いのを切るって言ってたけど、
青いのは元気なのかと思ったよ~ほんと難しい~
コップに挿してあるバラの色、すごく綺麗!

シフォンちゃん 元気でよかったぁ。
手術の糸もなんだね。
アレルギーの話 読んだ気がしたけど 思い出せなかったぁ (^_^;) 
アレルギーになりやすい子は、添加物はひかえて
自然な食事がいいよ。毎日の食事のとき シフォンちゃんのも 作っちゃうのいいかも。メインフードもあげつつ。
ムーンフェィス 顔の腫れは よく出る症状だから いつも 気にしててね。

薔薇の剪定 お家 近かったら どう切ればいいのぉって 聴けるのになぁ。読んこと 参考にします。
鉢の土 すっごい減っちゃって(栄養吸収したってことだったよね) 入れ替えて 栄養たっぷりにして あげなくちゃなのに やれてないよぉ。

カイガラムシが発生して 樹勢が衰えてきて かなり
バッサリ 剪定したんだけど。。。 カイガラムシ 
死滅しない。。。悩む (;´д`)
 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592620/63042768

この記事へのトラックバック一覧です: イングリッシュローズ&木立バラの剪定の様子:

« 2016年シフォンちゃんのお正月★わんこのアレルギー★ | トップページ | 2016.1.8 バラの寒肥(^^)/&暖冬で芽吹いてしまったバラ(;´Д`A ``` »

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ